塗り替えするメリット

家を購入したり、建ててある程度年月が経過するといろいろな所が傷んできます。

毎日よく使うトイレやキッチンなどの水廻りなどは目につきやすく異常も発見しやすいですが、屋根や外壁などの異常は気付きにくい物です。


外壁の異常に気付く場合には雨漏りし始めたり、色あせが酷くなってきたなどがあります。

色あせが酷くなってきた外壁の多くは防水性が無くなり、水の侵入を防ぎきれなくなってしまっていたり、

水分を含むようになり湿気が部屋の中にまで伝わってしまい、結露やカビの原因になっている事もあります。


湿気が酷いと外壁の下地材が腐ってしまう事もあるので注意が必要です。


このような防水性を失ってしまった外壁を塗り変える事で外壁の耐久性が上がるのは勿論のことですが、防水性が高まるだけでなく、断熱塗料を外壁や屋根に塗る事で断熱効果が高まる物もあり、夏場の電気代の節約になります。


最近では、外壁の表面で空気を浄化したり、汚れを雨で洗い流す効果のある塗料があり耐久性も長いのが特徴で、何度も塗り替えが面倒だとか、いつも綺麗な外壁を望む方にお勧めです。