防水工事って必要なの?

新築だった家も年数が経つとどうしても傷んでしまいます。

壁面の汚れなどはある程度ご家庭で清掃することもできますが、外壁に触れると白い粉がつくようになっては要注意です。これは壁の塗装が劣化しているのが原因です。


壁の塗装、コーティングは防水加工も兼ねています。これが剥がれてきてしまうと水分が入り込み、カビの繁殖が始まってしまいます。カビは小さな胞子なので空気中に飛び散ったものを吸い込んでしまい、人体にも影響が出てきます。小さな子供や高齢者のいる家庭ではより用心が必要です。


塗装の剥がれだけでなく、年数が経てば壁にひびが入ることもあります。そのひびから雨水が入りカビの繁殖も起きますし、さらに壁の中の構造体まで傷んでしまいます。その前に外壁リフォームをすることで、安全かつ費用も抑えることができます。


外壁と同様に、雨水が直接当たる屋根にももちろんメンテナンスが必要です。雨漏りまでするようでは屋根の防水材まで傷んでいる状態なので、そうなる前に塗装し直すのが望ましいです。屋根は壁と違って普段の生活では気づきにくいのでより注意が必要です。


このように、壁や屋根は風雨にさらされているために水のトラブルが一番多いのです。カビを予防し、家を長持ちさせるためにも早め早めに防水工事をすることが大切です。