屋根塗装の縁切りとは?

屋根塗装を行う時に重要な作業のひとつが、縁切りです。縁切りって何?という人も多いでしょう。屋根を塗装する時に、屋根全体に塗料を塗っていくと、瓦と瓦が重なり合った部分にまで塗料が入り込んでいく事になります。


塗料がしっかりと塗られている方が、屋根にとっては良いのではないかと考える人もいますが、塗料で埋まっている方が屋根の内側に水分が入り込みやすい状態となり、それによって屋根が腐敗しやすい状態となってしまいます。


その為、瓦と瓦の間に隙間を作っていく作業が縁切りとなります。縁切りのタイミングとなるのが、塗料を塗り終わり、塗料が乾いた後となります。そのタイミングで隙間を作っていく事で、屋根の内側に水分が溜まりにくい状態を作っていく事が出来ます。


この縁切りという作業は全ての家に必要?と考える人もいるでしょう。全ての家に必要かといえば、そうではなく、スレート瓦の家にのみ必要な作業となります。瓦の種類や、塗装の方法によっては必要ない事もある作業です。


ただ、必要なのに縁切りをしないというのは、ただの手抜き工事です。ですから縁切りが必要な屋根の塗装を依頼する時には、縁切りまでしてくれる業者を選ぶ事が大切です。