壁の色に迷ったら!色彩心理の豆知識青色

住まいの環境づくりをする上で気にしておきたいことといえば、色選びです。住まいの色選びというと外壁の色や屋根の色に注目しがちですが、家の中においても色選びというのは重要なことです。うまく選ぶことで、生活の質をアップさせることもできますから、気にしておきたいものです。


家の中における色選びは、スペースによって向いている色というのがあるものです。例えば、寝室に向く色と言われているのが青色です。青色は落ち着きがありますから、ゆっくりと休んで疲れを取りたい寝室に採用する色としてはピッタリと言えるわけです。これが赤色や橙色ですと、とても落ち着いては過ごせないものです。


なお、青色が向かない部屋というのもありますので、覚えておくのも良いでしょう。青色は、寒いイメージの部屋には向かない色です。寒さを連想させる色ですから、余計寒いイメージが強まってしまいます。


ちなみに、青色には奥行きを表現できるという特徴もあります。ですから、部屋を広く見せたい時にも向いています。奥行きの表現は家具の配置の仕方でもできますが、色で行う方法を覚えておくのも悪くないものです。