実は種類がある。外壁塗装の塗り方ローラー塗り

外壁塗装を行うときには、様々な塗り方があります。塗り方の1つであるローラー塗りは、毛足の長いものや短いものなど、様々な素材を使って作られたローラーを使って行う方法です。ローラー部分を塗料に浸してから外壁に塗っていくので、塗料が飛びにくいという特徴があります。そのため塗料が無駄になることが少なくいというメリットがあります。


またローラーは広範囲を一気に塗ることができるので、刷毛を使った手塗りよりも時間短縮になるという魅力があります。外壁塗装は塗る部分が広範囲ですが、ローラー塗装を選ぶことによって、時間短縮になるだけでなく美しい仕上がりになります。それはローラーを使うと作業員の力量に差が出にくいので、誰が作業をしても質の高い塗装が可能になるからです。


ローラーそのものの種類が豊富なので、凹凸が多い部分や平坦な部分など、それぞれの外壁の状態に応じて使い分けることが可能です。ローラーを使うことによって、外壁に塗った塗料の中に気泡ができないため、仕上がりも均一になって綺麗になることも大きな魅力だといえます。