実は種類がある。外壁塗装の塗り方スプレー塗り

外壁塗装を行うときに、塗料の塗り方として様々なものがありますが、その1つがスプレー塗りです。スプレーガンやエアスプレーと呼ばれる専用の道具を使用して、塗料を霧状にして外壁に噴出させます。スプレー状になった塗料は外壁に均一に塗布することができるので、綺麗な仕上がりになります。また、膜の厚さを調節することができるので、重厚感のある雰囲気や複雑な模様、凹凸のある立体感を出すことも可能です。


スプレー塗りの場合は高粘度の塗料を使えるので、下地処理をした後に塗ると、補修跡が分かりづらく綺麗に仕上がります。また、スプレー状にすることによって、一度に広い範囲を塗装できるのも魅力です。専用の道具を使って行うので、作業員の力量に左右されいにくく、安定して質の高い仕上がりになります。


ただスプレー塗装の場合は、塗布するときに、外壁部分以外の周囲に飛び散ることがあります。そのため飛び散った分の塗料が無駄遣いになってしまうことがあり、他の塗装方法よりも同じ面積の外壁を塗る場合でも、大めに塗料を用意しなければなりません。