やらないと大変。屋根塗装で必要な手順高圧洗浄編

屋根塗装を行う上で必要とされる作業の一つに高圧洗浄の作業が存在し、文字通り高圧状態にある水を屋根に噴きつけることで屋根の表面を洗浄することです。屋根には様々な汚れが付着しますが、特にこびりついている汚れを落とす上では高圧洗浄が適した方法の一つとなります。


高圧洗浄を行う上では専用の機械を用いて作業を行いますが、屋根は面積も広いため、そのノズルを利用すれば簡単で広範囲に行うことができるメリットがあります。もっとも手でたわしなどでこする方法もありますが、高所作業など足場もないため難しく、機械による方法だと簡単に行うことができます。


なお高圧洗浄の作業を行う上では、塗装前に確認を取る必要が存在します。あらかじめ確認を取っておけば、高圧洗浄に適した状態かどうかの把握を行うことができ、予定通りに作業を行えるかの判断に繋がるからです。


実際に高圧洗浄のやり方は、屋根の汚れや古い塗料を水の力で削り取る作業となり、洗浄後には綺麗な状態になります。汚れや塗料を取り除くことができると安心して塗料を塗ることができ、次の塗り替えは10~15年後を想定すれば良いです。