やらないと大変。屋根塗装で必要な手順縁切り

屋根や外壁の色あせが酷くなってきた、屋根材にコケの様な物が生えている、触ると白いチョークの様な粉が付くという家にお住まいの方はそろそろリフォーム時期です。


屋根や外壁の塗料が剥がれたり防水性を失ってしまうと、水分を吸収するようになり腐食や雨漏りの原因になるだけでなく、家の中の湿気やカビの原因にもなります。家の中が湿気ると窓の結露にもつながるので、色あせなどに気付いたら早めに外壁塗装をするのがお勧めです。


色あせが酷くなった外壁や屋根の塗り替えで特に気を付ける事として、塗り替えた塗料がカラーベストの重なり部分にしみこみ固まる事で、進入した雨水の逃げ場が無くなり雨漏りの原因になる場合があります。この場合、屋根に隙間を作る事で水の出口をふさぐ事はなくなります。縁切りやスペーサーの様な物を挟む事で隙間が出来ます。


屋根材がカラーベストや板金屋根は塗料の塗り替えをする必要がありますが、瓦屋根の場合ストレート瓦の屋根だけ塗装の塗り替えが必要になります。別名セメント瓦と言われる瓦で、その名の通りセメントで出来た瓦に塗装している物で、カラーベスト等と同様に色あせや塗料が剥がれてしまいます。