やらないと大変。屋根塗装で必要な手順下塗り

屋根は紫外線が直接当たる部分ですし、大気中の汚染物質や雨水が付着しやすい部分なので、定期的なメンテナンスが必要です。ただ普段から屋根の状態をチェックすることが少ないので、気づいたときには塗膜が剥がれていたり、ひび割れを起こして雨漏りを引き起こす状態になっている可能性があります。


屋根のメンテナンスの方法として、屋根塗装があります。塗料を塗る前にまずは屋根に付着している、藻や苔を高圧洗浄で取り除いていきます。そしてひび割れがあった場合は適切な報酬を手作業で行っていきます。下地処理をしっかりしたら、色付きの塗料を塗る前に、下地強化剤という下塗り剤を塗ります。下地強化剤は透明なものや白色のものがありますが塗料が定着するように欠かせないものです。


下地強化剤は外壁の種類によって変えるのですが、塗料を密着させるための接着剤という役目のほかに、雨水や大気中の汚染物質から守るというコーティングの役目を持っています。下地強化剤を使用することによって塗料の持ちが長くなりますし、きれいな仕上がりにすることができます。