雨漏りを防ぐには雨漏りの原因を知ろう!直接的原因編 Part1

雨漏りは住宅の寿命を非常に短くしてしまう現象なので、発生してしまう前に上手に対処することが必要です。

雨漏りを防ぐ方法に関しては、一般的に広く行われている方法として、屋根の塗り替えを挙げることができ、実際に効果的に機能する方法として利用されています。


雨漏りの原因として挙げられる内容もあり、その中には直接的な原因から発生してしまう内容も含まれています。

例えばスレート屋根の場合では、屋根材に飛来物などによって穴が開いてしまうこともあります。


目視で点検を行った場合でも、穴を確認することができた場合では、ダイレクトに雨漏りの原因になるので、早期に直すことが大切です。

次にスレート屋根の場合では、棟板金の状態を見ることができます。


棟板金に関しては、屋根の高い位置に必ず取り付けられている金属になりますが、通常では釘打ちを行って施工しているものなので、台風や風の被害で剥がれてしまったり、浮いてしまっている状態であれば、その隙間から直接に雨水が入り込んでしまうことが多いので、修理やリフォームを専門に行う業者に相談する方法で、解決することは可能です。