家具塗装の種類ラッカー塗装編

自宅にある椅子や箪笥、棚などのアンティーク家具ですが、自分の好みの色に塗ってしまうのも良い方法で、部屋の雰囲気を変えるのに役立ちます。

おまけにやり方についても実に簡単なので、覚えておくことをおすすめします。


まずは表面をサンドペーパーで削っていきます。

塗装は下地で決まることが多いため、手を抜かずに丁寧にやりましょう。

もしも凹んでいるところや欠けがあるなら、パテという専用の粘土で埋めれば良いです。


表面をきれいにしたら、いよいよ好きな色に塗って行くのですが、ハケでやるよりもラッカースプレーが簡単で、乾きやすいので初心者でも扱いやすいです。

コツとしては、アンティーク家具とラッカースプレーの距離を一定に保つこと、同じスピードで動かすこと、そして一度で仕上げようとしないことの三点に気をつければ問題ないです。

初めはまだらになるかもしれませんが、繰り返しラッカースプレーを吹き付けて行くと、次第に美しくなります。


あとは乾燥させるだけですが、気をつけたいのはウレタンよりは弱いため、塗った箇所に傷をつけないようにしておきたいものです。