家具塗装の種類オイルフィニッシュ編

無塗装の家具がある場合はそのままの状態よりもオイルで保護した方がより長持ちします。

オイルで耐水性を上げるとともに傷をつきにくくするのです。

まず家具の表面にチークオイルや同様の塗装を浸透させてと膜を作らないようにします。



オイルの種類も植物系のオイルが多くなっています。

そのためこれを自然塗装と言ったりします。

自然の質感を出すには植物系を使うのがいいかもしれません。



そして木の質感を失わずに残しておくことができます。

ただ自然をいるの問題点は傷つきやすいことです。

やはり表明を滑らかにし、木の質感を残しとくとすればどうしても薄く塗るしか方法がないからです。


これのやり方は、できるだけオイルを伸ばして薄くなることです。

素人はなかなか難しいかもしれませんが、均一に売ることが大事になります。

それを10分から15分ほどそのままの状態にしておきある程度乾いたら、布などで屋内に合わせて拭き取ることが重要です。



拭き取らないと厚みが出て不自然な光沢になってしまいます。

拭いたからといてそのまま触ってはいけません。

24時間は放置しておきましょう。