雨漏りと漏水の違い

壁の水シミを見つけたとき、どこからどのような水がシミを作っているのかに注意が必要です。

雨漏りは、降った雨水が屋根にできたすき間などから、家の中に入ってきている状態です。

一方、漏水は、水道管が壊れたり、接続が外れたりして、少しずつ、水が漏れていることです。



これらの水がシミを作っています。

雨漏りと漏水の違いは、その場所と仕組みの違いです。

まず、雨漏りは雨が降っているときのみ発生します。



水漏れは、天気に関係なく発生します。

天井にシミができた場合や水滴が落ちてきた場合を考えてみましょう。

雨が降っていて、天井の上が屋根である場合には、雨漏りの可能性が高いです。



しかし、天井の上が集合住宅などで、別の部屋の床である場合には、漏水の可能性が高いと言えます。

壁の水シミについては、まず、雨が降っているかどうかを確認し、壁に水道管が配置されているかどうかを調べます。



雨が降っていないときには雨漏りは生じません。

以上のように、雨漏りと漏水は異なるので、修理の方法も異なりますし、保険会社に請求するときの取扱も異なります。