屋根の特徴〜越屋根〜

越屋根の特徴は、切妻屋根を持ち上げた形で作る屋根で屋根の最頂部に設けることで風通しや採光を良くするために設けられます。

遠巻きから見ても独特の屋根の形状となり、城の様な感じに見られることもありますが、農村部に多い形状の屋根です。


なお最上部に小さな屋根を設ける形になりますので構造自体も複雑になり、側面には採光のための窓を取り付けることも多くなります。

実際に設けるためには複雑なため技術も必要で、またメンテナンスのための費用もかかるデメリットも存在します。


また屋根を立ち上げる形になりますので、雨漏りにもなりやすい側面もあるため、越屋根を設ける場合には予算の面においても考慮する必要があります。

ただ日当たり良好な場所であれば、その設置をしたメリットを受けることもでき、部屋の空間を明るくしたり、天井裏の風通しを良くしたりすることも可能となります。


他に囲炉裏を用いる家庭では、火で炙った場合に部屋に煙がこもることも多いですが、そういった場合の換気にも優れております。

しかし囲炉裏を使用する家庭も少なくなったことで、現在では建築デザインとして重宝されている側面があります。