屋根の特徴〜入母屋屋根〜

入母屋屋根(いりもややね)は、東アジアの伝統的屋根形式のひとつで、日本においても古来より用いられてきた屋根の形式です。


古くは弥生時代に遡り、登呂の集落遺跡では、この屋根形式が利用されていたようで、復元もこの形式で行われています。


上部半分は切妻造りで、下部半分は寄棟造りから構成され、丈夫で複雑な構造が特徴の屋根です。


現在の身近なところでは、瓦を葺いた昔ながらの家屋に多くみられる傾向にあります。



日本においては、切り妻屋根や寄せ棟屋根より尊ばれ、その両者の組み合わせである入母屋造りが最も格式の高い屋根形式として使用されてきました。


瓦葺の入母屋屋根として代表的なのは、仁和寺の金堂や日光東照宮陽明門などがあります。


また海外でも、中国の天安門を筆頭に多くの建物でこの形式が採用されています。


特に格式を重んじる寺社仏閣には、この形式が多く見受けられます。



京都御所の紫宸殿のように、切り妻部分と寄せ棟部分の角度が一続きでない変則的な入母屋形式の屋根が有りますが、こちらは錣屋根(しころやね)と呼んで区別しています。