塩害って?

海が見える開放的なマイホームは、リゾート感覚で憧れる物件です。

しかし海が見えるということは、潮風の影響をかなり受けるということも知っておいたほうがいいでしょう。

この潮風による建物等への影響を塩害といいます。


塩害は金属をさびやすくさせ、建物、特に外壁は劣化しやすいという大きなデメリットがあります。

鉄がさびることはもちろんですが、アルミも表面に白い塊ができていきます。

これも塩害のなせるわざで、白いサビといってもいいでしょう。


これを少しでも軽減するためにはこまめな掃除が必要になります。

特に外壁は、潮風が当たると塩が付着している状態になりますので、これを洗い流すのも一つの方法です。

また樹脂サイディングやガラスコーティングを施すのもいい方法です。


また、外壁のみならず、室外においてある電化製品等も例外ではありません。

エアコンの室外機や電気温水器も劣化しますので、防水にも配慮し、できれば塩害対策の施された仕様のものを利用しましょう。


塩害の影響する範囲は思ったよりも広く、海が見えない数キロ内陸でも、10年ほどすると塩害の影響が出てきます。