家の劣化の原因って?

新築の家は内装、外装もあたりまえですがとても綺麗で、これが永遠と続くのが理想ですが、そうもいきません。


人間とも年々年を重ねると衰えてきますが、それと同じように住宅も劣化してきます。


さて劣化とは良く言いますが、その原因とは何でしょう。

まず一番大きいのが常に雨風にさらされ、また日光を浴び続けているのが原因です。

そうすることで新築の時に完璧に仕上げた外壁の塗装や、防水加工が少しずつ剥がされてきて劣化につながります。


そういった自然環境の関係性が切っても切り離すことはできません。


更には天変地異などの予想も付かない出来事が家の劣化を進めたりもします。


コンクリートや木材も永遠のものではないというのは致し方がありません。


また、家の中でも埃や湿気などでカビが生えたり、それが原因で柱の腐食が進んだりもします。


家を長持ちさせるには家の中も劣化させないようにするのも大切な事と言えます。


劣化を防ぐにはやはり定期的に外壁や屋根の塗装を塗り替えたり、また防水加工を施したりとする必要があります。


大切な資産を長持ちさせるには住宅の管理が非常に大切になってきます。