外壁塗装の工法の種類

外壁塗装の塗り方には、吹き付け塗装とローラー塗装があります。


吹き付け塗装は、専用の機械に塗料を入れ、霧吹きのように壁に吹きかけて塗ります。


対してローラー塗装は、塗装用のローラーに塗料をつけ、手作業で塗っていきます。


仕上がりの性能に関しては、どちらもさほど大差はないのですが、それぞれにメリット、デメリットがあります。



まず、吹き付け塗装の場合のメリットは、作業が早いことです。


しかも仕上がり面はキレイです。


また、吹き付け塗装は仕上がり面に様々な模様を作ることができます。



その反面、吹き付けているので塗料が飛び散りやすく、しっかり吹き付けないところにはシートなどで守る必要があるのがデメリットです。



次にローラー塗装のメリットは、手作業のため外壁が凸凹していても変わらず塗ることができ、塗料の飛び散りも少ないことです。


しかし、作業の時間は吹き付けよりかかり、仕上げの模様の種類が少ないことがデメリットです。



やはり塗料の飛び散りは、塗る場所以外が汚れてしまう恐れもあることから、ローラー塗装が主流になっているようです。