モルタルとサイディングの違いって?

家を覆っている壁の素材である外壁材には、モルタルとサイディングがあります。


昔はモルタルがほとんどでしたが、最近では一転してサイディングが主流になっています。



そもそもモルタルとは、セメントに砂と水を混ぜたものです。


モルタルは無地なので、そこから吹き付けやローラーでデザインをつけます。


その際、自分の好みにあったデザインを選べるのが利点です。


しかし、モルタルはクラックと呼ばれるひび割れができやすいのが欠点で、クラックができると、そこから水が入りやすく家の劣化の原因になります。



一方サイディングとは、壁にボードを張り合わせた板を壁に取り付けるタイプの外壁で、デザインがとても豊富です。


レンガ調のものやタイル状、木目調のものまであるので、自分の好みのものを選ぶことができるのが利点です。


しかし、サイディングにはよく見ると目地と呼ばれる継ぎ目があり、そこが傷みやすいのが欠点です。


サイディングには最近耐久性に優れているものも多い反面、もし割れるなどした場合、そのものを張り替える必要があるためモルタルよりも修復の費用が多くかかります。



それぞれのメリット、デメリットを踏まえた上で、自分にあった外壁を選択してください。