飲食店で避けた方が良い外壁の色とは

外壁はどんな色でも良いと思いがちですが、飲食店においては話は変わってきます。


できれば避けた方が良い色が存在します。


1つ目は茶色です。


土の色ともいえますが、茶色はキレイなイメージを持っておらず食事においては不向きです。


野菜に残った土のような感じの少量であれば良いでしょうが、外壁には合いません。


2つ目は青です。


実は青い自然の食べ物は存在しません。


かき氷のブルーハワイは着色料で青いので当てはまりません。


つまり青は食事を連想しない事になるのでオススメしません。


3つ目は黒です。


黒い食べ物に新鮮さはほぼなく、腐ったもののイメージが強いので飲食店の外壁には不適合です。


ちなみにやや避けるほうが良い色の1つ目は赤です。


赤は火や炎を思い浮かべるので、焼肉などの焼く事をイメージできるような店や激辛店なら良いですが、それ以外ならば他の色を検討したほうが良いでしょう。


2つ目は黄色です。


黄色はカレーのイメージが強くなります。


カレー屋ならともかく、それ以外だと店のイメージがつかみづらくなります。


このように外壁の色によって飲食店の印象までも変わってしまいます。


できればたくさんの料理があるように、カラフルさをアピールすべきです。