屋根と外壁の塗装は同時に施工した方が良いの?

家と言うのは、大事に住んでいたとしても、年月が経過すると段々傷んできてしまうものです。


一戸建ての場合ですと、屋根、そして外壁が劣化していき、放っておくと、耐水性や断熱性に問題が生じてきて、生活に影響が出てきてしまう恐れがあります。


ですから、屋根塗装、そして外壁塗装を行って、快適な生活環境を整えることが重要と言えます。


なお、もし屋根か外壁どちらか一方に問題が見られる場合には、もう一方の状態もチェックしてみて、なるべく同時に施工依頼をした方が良いものです。


そうすれば、何度も依頼をする手間が省けます。


こういった工事は、近隣住民に気を使い、あいさつ回りなどを行った方が良いものです。


しかし外壁塗装が終わったと思ったら、しばらくして今度は屋根塗装が始まる、と言ったことになると周りとしても落ち着きません。


また、足場を組む関係から、屋根塗装と外壁塗装の施工と言うのは、同時に行った方が作業効率が上がり、工事費用を安く抑えることができる場合もあります。


ですから、無駄にお金をかけないためにも、依頼のタイミングは意識しておいた方が良いでしょう。