塗料の色でも遮熱効果が変わるんです!

住宅の塗装については色選びで苦労される場面も見られます。


単に好みによって色選びを行う方法でも納得できる住環境を作ることもできますが、色選びでも省エネにつながることがあり、この点に留意しながら塗料を選択することもおすすめです。


特に外壁や屋根、室内であっても日差しの多い場所などでは、淡色系の色を選ぶ方法があります。


色が濃くなるほど表面温度が上がることになり、特に夏の季節には顕著にあらわれることが一般的です。



その理由の中には淡い色ほど日射反射率が高くなることが基本になり、熱を蓄積させてしまうことを大きく減少させる効果を持っています。



日射反射率が高いと遮熱性も高まることが基本になるので、暑さ対策を行うことを望んでいる方ならば、色選びとしてはホワイト系を始めとする淡色系の色を選択することが良い方法です。



外壁や屋根に関しては特に注意を行いたい内容を持っていて、住宅の断熱材やその他の資材類にも影響を受ける内容ですが、少しでも省エネを目指しているならば、建物の表面温度を上げないように工夫する方法で光熱費を抑制できる可能性が高まります。