カラーが違うと売上も変わる!?

色が人間の心や行動に与える影響は、決して小さいものではありません。


「色彩心理学」と呼ばれる研究分野があることからも、色が持つ力はあなどれないものだと分かります。

多くの企業が色の効果に着目し、成果を上げています。



代表例として挙げられるのが飲食店です。

飲食店の内装には、赤やオレンジなどの明るい色が使われることが多いです。

落ち着いた色の内装にしてしまうと、利用者がくつろいでしまって、人の出入りが滞ってしまうからです。



安らぎを与える効果のある、グリーンや青は清潔感があるが飲食店には向かないといわれています。

業種によって内装の色を使い分けることは、非常に重要なことだといえます。



部屋にふさわしい、最適な色を選ぶようにしましょう。

アットホームな雰囲気をだすなら暖色系、癒しや安心感を求めるお客様にはグリーンの内装にするといいでしょう。



内装に最もふさわしい色を選択することができれば、多くの利用者の獲得につながり、売り上げの向上が期待できます。



内装をどのような色にするかによって、お店の未来が大きく変わるといっても過言ではありません。