サイディングの種類

外壁に利用する資材に関しては、近年では資材類が充実している状態にあり、サンプルなどを見て好みの外壁を用いることが可能です。


代表的な素材の中にはサイディングと呼ばれているものがあります。

このタイプは外壁に重ねるように貼り付ける方法が一般的ですが、外壁に貼る外装材としてはいくつかの種類に分類できます。


窯業系サイディングというものがあり、このタイプはある程度の重量感を持っていますが、非常に豊富なテクスチャーに仕上げられているものが多く、タイルやレンガなどの柄をデザインしたものが多く普及しています。


木質系サイディングと呼ばれるものも人気があり、主に天然木などに優れた塗装を施して耐久性を高めたタイプが主流になります。


メンテナンスに手間がかかる一方で、自然の風合いを楽しむことを希望している方には相応しい素材です。



金属系サイディングというものもあります。

金属系は最も利用されてきた素材になり、腐食しない素材によって構成されています。



耐火性を持っていて、軽量素材で作られていることも特徴です。

重ね張りを行う際のリフォーム用としても活用される種類として知られています。