外壁の定期的なメンテナンスを!

外壁塗装は紫外線などによる影響で劣化するために、継続的なメンテナンスが必要となります。

使用する塗料にもよりますが、耐用年数に応じて定期的に塗装をし直すことが必要となります。

上塗りするのではなく、必ず古い塗装は全て落としてから改めて下地処理と重ね塗りを行うことになります。


外壁塗装はメンテナンスをせずに放置しておくと、ヒビ割れが発生することになります。

それが雨漏りにつながり建物の寿命を短くすることにもつながるわけです。


また防水性と共に外壁塗装には断熱性を高める働きもあります。

室内が外気の影響を受けにくくなることから、エアコンなどの効率も高まることで光熱費を大きく削減することが可能となるわけです。


そのために耐久性が高く高機能となる塗料を選び、定期的に塗り直しをすることが必要となるのです。

リフォームによる修繕費も抑えることにつながることから、住宅を長持ちさせるメンテナンスとしては非常にコストパフォーマンスは高いものとなります。