屋根塗装がお得なワケ

屋根は、紫外線が直接あたり、雨などにもさらされる部分ですから、家の中でも劣化が進みやすい部分の1つです。

屋根の劣化が進むと、屋根塗装の色が褪せたり、塗料に含まれる顔料がにじみ出て粉が発生します。


さらに劣化が進むとひび割れを起こして雨漏りを発生させたり、塗膜が剥がれるなどの症状が起きてしまいます。

これらは修繕することで、新築と同じような状態を取り戻すことができます。


屋根塗装に使う塗料には、遮熱効果のある塗料があります。

屋根は太陽光に直接当たるので高温になりますが、遮熱塗料を使用していれば、太陽光を弾いて、温度が上がらないようにする効果が得られます。


熱を逃がすことで、室内の温度も上がらないようにできますから、エアコンの設定温度を下げずに節電することができます。

また、塗装工事は、ひび割れた部分を修繕してから塗料を塗りなおすので、屋根の劣化による二次災害を防ぐことができます。


定期的にメンテナンスを行っていれば、大掛かりな修繕をする必要がなくなります。