ラーメン屋におすすめな色

さまざまな料理のジャンルがある中で、中華は朱色などの赤い色が多い印象がありませんか?



中国の国旗から赤色を用いられるケースが多いとされていますが、赤は中国にとって特別な意味があります。



赤は中国では縁起の良い色とされていて、お祝い事やお祭りの際にも赤色を用いられることが多いです。



熱さと辛さのイメージを持ちやすい色として重宝されて、血色の良い色として若さや健康を表す色にもなります。



アツアツのラーメンを赤によって想像することが容易く、調味料の中では唐辛子やコチュジャン、ラー油といったように全面が赤い色で出てくることもあります。



青色が食欲を抑える効果があるように、赤色を見て食欲が湧く効果があります。



全面を赤くすることも目立ちますが、白や黒の中にある赤色も印象的です。



モノトーンの中に赤色があると印象に残りやすくなるため、ラーメン屋の看板を出すのであれば赤色を持ちいるとさまざまな面で良い効果が表れます。