屋根塗装の重要性について

 

皆さんこんにちは。 岡山県岡山市を拠点に店舗内塗装や家具塗装、デザイン塗装などを行っております、TOTAL PAINTINGです。


家の見た目は外壁の状態や色で左右されますから外壁塗装の重要性は知られていますが、実は屋根塗装も同じくらい重要性が高くなっています。




■屋根のメンテナンスを怠るとどうなるの?



屋根は直接目に入りにくい場所な分忘れがちですが、直接紫外線や雨風などの被害を受ける場所なので経年劣化を起こしやすい部分になります。

また、苔などが生えやすく、屋根に余計な汚れや苔がつくと、そこに雨水が溜まりやすくなってしまい、そのまま放置していると、家の中に湿気が入り込んでしまうことがあります。


そのため、屋根塗装を行って雨水をたまりにくい状態にし、劣化がしにくい塗料を塗装するといいでしょう。

ひび割れた部分を補修すればそこから雨水の侵入は防ぐことができます。

そして同時に、屋根からの流れる雨水の通り道をちゃんと確保するために、雨樋などの状態も確認する必要があります。

ひび割れを起こしていたら正常に水が流れませんから、屋根塗装と一緒に補修するといいでしょう。




■屋根塗装を一緒にするのがおすすめ! 縁切り作業ってどんな作業?



屋根の工事をするときに、板を並べて貼り合わせるタイプだと縁切り作業がオススメです。

普通の人には耳慣れない言葉でどんな作業か想像しにくいですが、縁切り作業をすると屋根を長持ちさせることができます。


屋根の板を張り合わせた後塗装をするのですが、そのままだと板の隙間部分も塗り固められてしまいます。

縁切り作業とはそこにヘラのような道具を使って、隙間部分の塗料を切って隙間を空けていく作業です。

なぜ、この縁切り作業をした方が良いかというと、隙間を空けることで上部から流れてきた水を外に排出することができます。

つまり、塗装で水の出口がなくなってしまうと、家の中に水が入り込み、屋根の腐食が進行してしまうのです。


縁切り作業は機械で出来るものではなく、少しずつ人の手を使って切り込みを入れていかなければいけません。そのため、手間を省くためにタスペーサーという道具を板の間に挟み込んでから塗装をする方法もあります。

そうすればタスペーサーがつくりだした隙間が広がり、塗装で隙間が埋まることはありません。

ぜひ、屋根塗装の際には併せてご検討くださいね。


私たちTOTAL PAINTINGは、外壁塗装、内装や屋根の塗装まで、塗装のことならなんでもお任せいただけます。リフォーム会社様等を通さない、直接のご依頼に対応しておりますので、仲介手数料や余分なマージンも削減可能です。塗装のことでお悩みがあれば、お気軽にお問合せください。